1. HOME
  2. ブログ
  3. おばあちゃんの里のロゴのちょっとしたお話

おばあちゃんの里のロゴのちょっとしたお話

改装中でもありますし、ちょっとしたお話をしたいと思います。まず今回は「丹波おばあちゃんの里」のロゴについて。

このロゴを描いてくれた人は丹波の偉人

お店の中でもよく目にするこの「丹波おばあちゃんの里」のロゴ。実はこのロゴを描いてくださっているのは丹波市出身の墨象作家の荻野丹雪(おぎのたんせつ)さん。

荻野丹雪さんというとサントリーウイスキーの「響」や「知多」を描かれているので作品を目にされてる人も多いのではないかと思います。丹雪というお名前も「丹波の雪」という文字からも伺えるように、とても丹波を愛してくださっているのがわかりますよね。とても温厚な人柄で、誰とでも気さくに話してくださる素敵な紳士さんです。

道の駅「丹波おばあちゃんの里」と同じ春日町で生まれ、この地で育たれた荻野丹雪さん。

そんな丹雪さんに描いていただいたロゴは、丹波おばあちゃんの里の大切な宝物です♪

関連記事